このページの先頭へ

内臓脂肪と皮下脂肪の違い

内臓脂肪と皮下脂肪の違い

デブはダメ

 

 

体脂肪には「内臓脂肪」と「皮下脂肪」があります。体へのつき方、落としにくさに違いがあります。

 

なんとなく、わかっていそうでわからない感じですね。内臓脂肪の何が問題で、どうすればいいのか、わかりやすく説明しますね。

 

 

アナタの脂肪は内臓の周りに蓄積される「内臓脂肪」と皮膚の下に蓄積される「皮下脂肪」の2種類の体脂肪として蓄積されます。

 

 

 

内臓脂肪

洋ナシ型、リンゴ型

 

内臓脂肪とは、お腹の内臓周辺に、過剰に脂肪がつくタイプの肥満です。

 

体型から「リンゴ型肥満」とも呼ばれます。内臓や栄養の代謝に関係する臓器周辺につくため、蓄積されるのが早いですが、分解されるのも早いです。

 

したがって、脂肪は落としやすいと言われています。男性が多いです。この程度の知識をもって私も内臓脂肪減少に努めましたが、なかなか落ちません。
継続力がないようです。昔も今も隠れ肥満です。

 

 

皮下脂肪

 

皮下脂肪は皮膚の下にある皮下組織に脂肪が蓄積するタイプの肥満です。、太ももやお尻など下半身に脂肪がつきます。

 

体型から「洋ナシ型肥満」とも呼ばれます。特に女性の場合は、皮下脂肪がつきやすいという性質があります。

 

こちらは内臓脂肪と違って落ちにくいのが特徴です。

 

 

内臓脂肪と皮下脂肪の落とし方

 

両者とも、基本的には食事療法、有酸素運動などで落としていきます。

 

内臓脂肪はこの方法で落ちますが、皮下脂肪はさらにマッサージなどで皮膚に刺激を与えることで、落ちにくい脂肪を落としていきます。

 

いずれにしても、継続していくことが大事になります。

 

 

以上、内臓脂肪と皮下脂肪の違いでした。

 

 

わかったことは、脂肪を減らす基本的な方法は内臓脂肪も皮下脂肪も同じです。

 

どちらかが一方的に減るわけでないので、気長に目的意識をもってやりましょう。

 

内臓脂肪を効果的に減らすにはダイエットサプリです。
ダイエットサプリ最安値水準のシボヘール、初回980円は、お試しに絶好の商品です。

腰痛

 

詳しくは下記のサイトへ

 

シボヘール効果で内臓脂肪を減らしましょう