このページの先頭へ

体重を減らすには

体重を減らすために歩く、走るについて

サラリーマン3

 

ここでの体重を減らす方法とは内臓脂肪を落とす方法とほぼ同意語です。

 

筋肉量を落としては意味がありません。内臓脂肪、皮下脂肪を落として健康的な体つくりを考えていきます。

 

運動しながら、基礎代謝を上げていくことを考えていきます。

 

人は運動しなくても、人間には基本的に持っている「基礎代謝があります。寝ている間に基礎代謝で70%程度、カロリーを消化すると言われています。
逆に言えば、運動で消費するカロリーは30%です。

 

いかに、基礎代謝での消費が大切かです。基礎代謝のピークは20才前後です。

 

  • 男性は1,500i/日
  • 女性は1,200i/日

 

上記がほぼ平均値です。年齢とともに基礎代謝がが下がってくるので、基礎代謝を維持できる体つくりが必要になります。

 

誰でも取り組めるのが、歩くことですよね。アナタ、歩いています?

 

ワタシ、歩いていません。日によっては、1日500歩も歩いていないのでは、と思う日もあります。

 

歩いて、歩いて、基礎代謝を向上させましょう。一番楽な方法でしょう。歩くこと、走ることをまとめてみました。

 

 

ウオーキングでのダイエット

 

小石の上を歩く

 

一番無理なくできるのが、ウオーキングです。

 

出勤前に、自宅近くを散歩する。意識的に交通機関電車、バスの乗り降り区間を短くして歩くなど、工夫する。

 

体の負担も少ないため、もっとも有効的な方法です。

 

ウォーキングでは、即効性はありませんが、長く無理なく続けるには、とてもいい運動方法です。

 

もっとも負担の少ない有酸素運動でしょう。脂肪燃焼効果はもちろんのこと、便秘やむくみなどのダイエットの天敵を解消にも役立ちます。

 

メリット
  • 負担がもっとも少ない
  • 生活の中に取り入れやすい
  • ハードルが低く、はじめやすい

などです。

 

 

 

ジョギング・ランニングでのダイエット

 

ウオーキング男性

 

ウオーキングをしているとやがて走りたくなります。特に若いころ、体育会系の運動をしていると血が騒ぎます。

 

最初から無理をすると、膝、腰に負担がかかるため故障する場合があります。最初はゆっくり、ゆっくりとスタートさせてください。

 

ジョギングやランニングは健康に太りにくい体質に改善してくれます。

 

れる効果としては、走ることで心拍機能が高く血流が良くなり、冷え性やむくみなどの体質改善ができます。

 

 

またエネルギーを消費しやすい体質になるので、脂肪がつきにくくなります。
またすっきりとしてよく眠れるので代謝が上がるのです。

 

 

 

効果的なジョギング・ランニング

朝食後の果物

 

やり方として、1番効率的なのが朝です。朝食を食べる前にジョギング・ランニングを行います。

 

朝食後は、体が消化中なので、脇腹が痛くなることや消化不良を引き起こす原因になるので、食後は避けてください。
慣れるまでは5分〜10分程度、毎日行ってください。

 

最初から長時間は長続きしませんし、体に負担がかかってしまいます。

 

ゆっくりと無理のないように、短時間から始めます。

 

 

血液中の糖質、肝臓や筋肉に蓄えられていた、グリコーゲンがエネルギーとして消費されていきます。
慣れてきたら、20分以上走るようにしてください。さらに脂肪が燃焼されていきます。

 

 

以上、体重を減らす体重を減らすために歩く、走るについて...です。

 

アナタに合った、方法でチャレンジしてください。

 

 

内臓脂肪を効果的に減らすにはダイエットサプリです。
ダイエットサプリ最安値水準のシボヘール、初回980円は、お試しに絶好の商品です。

腰痛

 

詳しくは下記のサイトへ

 

シボヘール効果で内臓脂肪を減らしましょう