シボヘール効果で内臓脂肪が減るレビューと口コミ

体重を減らす成分とは

食べて太った

イソフラボン

 

イソフラボンは意外と聞いた経験がある言葉ではないでしょうか?

 

大豆類やワインなどの含まれているので、成分としてなじみがあります。イソフラボンだけの説明でもサイトは作れてしまうほど情報があります。

 

本サイトでは葛の花由来イソフラボンについてのみ説明します。

 

葛の花由来イソフラボンは、脂肪の合成を抑制し、脂肪を分解・燃焼する機能性をもっています。機能性表示食品の中に内臓脂肪を減らすのに効果のある葛の花由来イソフラボンを利用した
食品が多く発売されています。

 

葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)が含まれます。葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)には、肥満気味な方の、体重やお腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)やウエスト周囲径(ウエストサイズ)を減らすのを助ける機能がある実験結果が報告されています。

 

体脂肪、お腹周り(ウエストサイズ)、体重(BMI)、お腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)が気になる方に適しています。

 

カプサイシン

 

カプサイシンは、唐辛子の辛み成分です。摂取すると発汗作用や体温の上昇が期待できます。

 

韓国の方にがっちり体型はたくさんいても太った方が少ないのはカプサイシンのおかげだと私は思っています。

 

カプサイシンを摂取するとアドレナリンが分泌され、その結果脂肪分解酵素リパーゼが活性化し、脂肪をエネルギーに変えてくれます。

 

カプサイシン摂取後は、有酸素運動などを実行すると効果が期待されます。

 

ヒーハー、カプサイシン!

 

キトサン

 

キトサンは腸内に入ってきた脂肪を吸着して体に吸収されるのを妨げます。吸着した脂肪は体の外へ排出されるので、内臓脂肪が蓄積されにくくなります。

 

オメガ3脂肪酸

 

オメガ3脂肪酸はご存じの方も多いように中性脂肪を減らす、コレストロール値を下げる、動脈硬化・心筋梗塞予防脂肪肝予防に適しています。したがってダイエット効果、メタボ防止効果を発揮します。

 

このほかにもアレルギー症の緩和、抗うつ作用やイライラ防止などの効果もあるとされています。

 

 

上記のほかに代表的なダイエットに効果のある成分をご紹介します。

 

ビタミンA 
脂肪が増えるのを抑制
ビタミンB1 
糖質の代謝を促進 
ビタミンB2
糖質代謝ビタミンと呼ばれ、脂肪の燃焼を促進する
ビタミンE
レプチンという食欲と体脂肪の蓄積を抑制するホルモンを増やす
パルトテン酸
脂肪・糖の代謝を促進
ナイアシン
脂肪・糖の代謝を促進
レシチン
脂肪の代謝促進
アミノ酸
タンパク質を構成するユニット。筋肉を形成し、体脂肪を分解する
共役リノール酸
不飽和脂肪酸 体脂肪を減らす
L-カルニチン
糖分や脂肪を燃焼させるための酵素
アルファリポ酸
糖分をエネルギーに変え代謝を助け脂肪の燃焼を助ける
コエンザイムQ10
エネルギー生産の酵素。錆びない身体にする抗酸化力

 

その中でも効果的なのは、脂肪の燃焼を促すものとして、大豆ペプチド・グルタミン・アリギニンなどのアミノ酸です。

 

そして代謝系でいえば、コエンザイムQ10、L−ルニチン、アルファリボ酸があります

 

アミノ酸は、運動を行う30分〜40分ほど前に取るのが効果的です。動開始後に脂肪の燃焼を促してくれます。

 

 

 

シボヘール効果で内臓脂肪が減らしましょう