このページの先頭へ

ダイエット効果がある代表的な成分は?

ダイエット効果のある主な成分とは

痩せる成分

発汗作用のある、韓国料理などを食べていると、私、太る気がしません。
唐辛子の成分が影響しているのでは、ないかと思っていましたが、やはりダイエット効果があります。

 

ダイエットサプリだけでなく、ダイエット効果のある食べ物やダイエット効果のある成分を摂ることで、少しでもダイエット効果を上げましょう。

 

葛の花イソフラボン

葛の花由来イソフラボン
イソフラボンは意外と聞いた経験がある言葉ではないでしょうか?

 

大豆類やワインなどの含まれているので、成分としてなじみがあります。イソフラボンだけの説明でもサイトは作れてしまうほど情報があります。

 

本サイトでは葛の花由来イソフラボンについてのみ説明します。

 

葛の花由来イソフラボンは、脂肪の合成を抑制し、脂肪を分解・燃焼する機能性をもっています。

 

機能性表示食品の中に内臓脂肪を減らすのに効果のある葛の花由来イソフラボンを利用した
食品が多く発売されています。

 

葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)が含まれます。

 

葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)には、肥満気味な方の、体重やお腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)やウエスト周囲径(ウエストサイズ)を減らすのを助ける機能がある実験結果が報告されています。

 

体脂肪、お腹周り(ウエストサイズ)、体重(BMI)、お腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)が気になる方に適しています。

 

シボヘールはこのイソフラボン成分を利用しています。

 

 

カプサイシン

葛の花由来イソフラボン

カプサイシンは、唐辛子の辛み成分です。摂取すると発汗作用や体温の上昇が期待できます。

 

韓国の方にがっちり体型はたくさんいても太った方が少ないのはカプサイシンのおかげだと私は思っています。

 

カプサイシンを摂取するとアドレナリンが分泌され、その結果脂肪分解酵素リパーゼが活性化し、脂肪をエネルギーに変えてくれます。

 

カプサイシン摂取後は、有酸素運動などを実行すると効果が期待されます。

 

カプサイシンは唐辛子がたくさん含むことはよく知られています。

 

ヒーハー、カプサイシン!

 

 

 

キトサン

カニのキトサン
キトサンは腸内に入ってきた脂肪を吸着して体に吸収されるのを妨げます。

 

吸着した脂肪は体の外へ排出されるので、内臓脂肪が蓄積されにくくなります。

 

 

 

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸チアシード

 

オメガ3脂肪酸はご存じの方も多いように中性脂肪を減らす、コレストロール値を下げる、動脈硬化・心筋梗塞予防脂肪肝予防に適しています。
したがってダイエット効果、メタボ防止効果を発揮します。

 

このほかにもアレルギー症の緩和、抗うつ作用やイライラ防止などの効果もあるとされています。

 

オメガ3脂肪酸は青魚をはじめ、えごま油、亜麻仁油(アマニ油)、シソ油、くるみ、緑黄色野菜、豆類などの食品から摂取できます。

 


ダイエット効果のある、近年注目されている成分は?

ダイエット効果のある食事を摂るテーブル

 

ダイエットは、現代人にとって欠かせないものになりました。

 

それは、日頃から栄養価の高いものを取り過ぎているからです。近年注目されているダイエット効果のある成分を紹介します。
参考になれば、ありがたいです。

 

ビタミンは日常の活動に欠かせないものです。ダイエットを試みる方の中には、ビタミンも不足される方がいます。
これは避けるべきです。基本的なことを書きますので、ビタミンの摂取に心掛けてください。

 

ビタミンA

ビタミンA
ビタミンAには、脂肪が増えるのを抑制する働きもあります。一般的には、皮膚や粘膜の増強、目の健康には欠かせられないものです。
ビタミンAが不足すると目の乾燥、肌荒れ、免疫力低下を招きます。

 

ビタミンAを含む代表的な食材はレバー、緑黄色野菜、うなぎなどです。

 

 

ビタミンB1 

ビタミンB1
ビタミンB1は糖質の代謝を促進します。また 神経の機能を保ちます。
疲れている時や、夏バテにはよくビタミンB1を摂りましょう。足がよくつる方にもいいです。

 

ビタミンB1をよく含む食材は、豆類、豚肉、のり、豆腐、ごま、うなぎなどです。

 

 

ビタミンB2

ビタミンB2
ビタミンB2は、皮膚や粘膜、爪や髪などの再生を促し、糖質・脂質の代謝を助ける働きをします。
不足すると、口内炎や口角炎など皮膚に炎症が起こったりします。

 

ビタミンB群は、精製された白い食べ物やストレスなどにより現代人には不足しがちといわれています。

 

ビタミンB2が多く含まれる食品は、豚レバー、鰻、納豆、また卵や乳製品も効率よくとることが出来ます。

 

 

ビタミンE

ビタミンE
ビタミンEはビタミンA,ビタミンCと合わせて「ビタミンACE(エース)」とも呼ばれる代表的な栄養成分です。
ビタミンEは、抗酸化作用による老化をふせぐ、また末梢血管の血液の流れをよくします。

 

その結果、肩こりや冷えの予防、脂質の代謝をよくする働きが期待されます。

 

ビタミンEはアーモンドなどのナッツ類またアボカド、鰻・鮎などに多く含まれています。
また、ビタミンCと一緒に取ると相乗効果により、ビタミンEの活性を高める働きがあります。

 

 

パルトテン酸

納豆
パルトテン酸は、水溶性ビタミンの一つで、いろいろな食品に広く含まれています。
糖質や脂質、たんぱく質の代謝を促進させる働きがあります。

 

多くの食品に含まれているパントテン酸ですが、特に多く含まれるのは、レバー・納豆・鮭などの魚介類などがあります。

 

 

ナイアシン

きのこ
ナイアシンは、水溶性ビタミンのひとつで、糖質・脂質・たんぱく質の代謝を促進し、エネルギーをつくる働きがあります。
また、コレステロールや中性脂肪を減らして血行を良くする働きがあります。

 

ナイアシンが不足すると疲れやすくなったり、肌荒れを起こしやすくなります。

 

ナイアシンが多く含まれる食品は、マグロ・カツオなどの魚類、レバー・きのこ類などがあります。

 

 

レシチン

卵黄
レシチンは、細胞に栄養や酸素をとりこむ傍ら、不要な老廃物などの排出を促す働きがあります。
また、脳の情報伝達物質を作るのに欠かせないもので、記憶力を高めるなど認知症予防にも期待されます。

 

レシチンは様々な食品に含まれていますが、特に卵黄や大豆などに代表されます。

 

 

アミノ酸

アミノ酸は体になくてはならない栄養成分です。タンパク質を構成するユニットです。
筋肉を形成するため、トレーニング後の摂取は、筋肉疲労の回復や筋肉痛予防にもつながります。

 

また、中性脂肪を落とす作用もあります。

 

動物性の肉などに含まれますが、バランスよくとることが大切です。

 

 

共役リノール酸

ゴーヤ
共役リノール酸は、不飽和脂肪酸の一種で、脂肪をエネルギーに変える働きや代謝を促進する働きがあります。
乳製品に多く含まれます。

 

また、ゴーヤの種にも多く含まれているのでゴーヤ茶として飲む方法もあります。

 

共役リノール酸は不飽和脂肪酸の一種です。ダイエット成分として注目を浴びたのは、21世紀になってからです。

 

 

L-カルニチン

牛肉
L-カルニチンは、体内で生成されるアミノ酸の一種です。
脂肪の燃焼を助ける働きがあります。また、心臓などの臓器を動かすエネルギーを供給する働きもあります。

 

このため、不足すると疲労感・だるさなどが現れます。
赤みの牛肉や乳製品に多く含まれます。

 

 

アルファリポ酸

アルファリポ酸…
エネルギーを作り出す物質です。糖分をエネルギーに変え、脂肪の燃焼を助けます。

 

 

コエンザイムQ10

青魚
コエンザイムQ10は、体内に広く存在するもので、エネルギーの促進や抗酸化作用があります。
加齢により生産力が低下していきます。

 

コエンザイムQ10を多く含む食品には、イワシなど青魚・肉類・卵などがあります。

 

 

上記の中でも効果的なのは、脂肪の燃焼を促すものとして、大豆ペプチド・グルタミン・アリギニンなどのアミノ酸です。

 

そして代謝系でいえば、コエンザイムQ10、L−ルニチン、アルファリボ酸があります

 

アミノ酸は、運動を行う30分〜40分ほど前に取るのが効果的です。動開始後に脂肪の燃焼を促してくれます。

 

 

以上、ダイエット成分の話でした。

 

 

ななめ読みで結構ですから、目を通しておくと、ダイエット商品の成分表を確認するときに便利です。

 

ご活用ください。

 

 

内臓脂肪を効果的に減らすにはダイエットサプリです。
ダイエットサプリ最安値水準のシボヘール、初回980円は、お試しに絶好の商品です。

腰痛

 

詳しくは下記のサイトへ

 

シボヘール効果で内臓脂肪を減らしましょう