このページの先頭へ

内臓脂肪減らす理由、内臓脂肪がついてしまう理由を知りたいですか?

サラリーマン3

内臓脂肪と皮下脂肪の違い

デブはダメ

 

 

体脂肪には「内臓脂肪」と「皮下脂肪」があります。体へのつき方、落としにくさに違いがあります。

 

なんとなく、わかっていそうでわからない感じですね。内臓脂肪の何が問題で、どうすればいいのか、わかりやすく説明しますね。

 

 

アナタの脂肪は内臓の周りに蓄積される「内臓脂肪」と皮膚の下に蓄積される「皮下脂肪」の2種類の体脂肪として蓄積されます。

 

 

 

内臓脂肪

洋ナシ型、リンゴ型

 

内臓脂肪とは、お腹の内臓周辺に、過剰に脂肪がつくタイプの肥満です。

 

体型から「リンゴ型肥満」とも呼ばれます。内臓や栄養の代謝に関係する臓器周辺につくため、蓄積されるのが早いですが、分解されるのも早いです。

 

したがって、脂肪は落としやすいと言われています。男性が多いです。この程度の知識をもって私も内臓脂肪減少に努めましたが、なかなか落ちません。
継続力がないようです。昔も今も隠れ肥満です。

 

 

皮下脂肪

 

皮下脂肪は皮膚の下にある皮下組織に脂肪が蓄積するタイプの肥満です。、太ももやお尻など下半身に脂肪がつきます。

 

体型から「洋ナシ型肥満」とも呼ばれます。特に女性の場合は、皮下脂肪がつきやすいという性質があります。

 

こちらは内臓脂肪と違って落ちにくいのが特徴です。

 

 

内臓脂肪と皮下脂肪の落とし方

 

両者とも、基本的には食事療法、有酸素運動などで落としていきます。

 

内臓脂肪はこの方法で落ちますが、皮下脂肪はさらにマッサージなどで皮膚に刺激を与えることで、落ちにくい脂肪を落としていきます。

 

いずれにしても、継続していくことが大事になります。

 

 

以上、内臓脂肪と皮下脂肪の違いでした。

 

 

わかったことは、脂肪を減らす基本的な方法は内臓脂肪も皮下脂肪も同じです。

 

どちらかが一方的に減るわけでないので、気長に目的意識をもってやりましょう。

 


内臓脂肪がついてしまう理由と対策

原始時代

 

食べ過ぎと運動不足で内臓脂肪はついてしまいます。

 

もともと人間は食べ物がなかった時代があるため、エネルギーを体内にため込む仕組みがあります。

 

 

食事から摂取したエネルギーは基礎代謝や運動によって消費されますが、必要とするエネルギー以上に摂取してしまうと体内に脂肪として蓄積してしまいます。

 

余った分は排泄してほしいと思うのですが、本人の意思とは関係なしに、体は「大切なエネルギー源」として少しでも余ったエネルギーを蓄積します。

 

 

 

内臓脂肪は平均いつからついてしまうのか

内臓脂肪いつから

 

20代後半から年齢を重ねると、基礎代謝が低く“痩せにくい”体になります

 

内臓脂肪は、代謝の良い内臓の周りにつくため、つきやすいけど落ちやすいという特徴があります。

 

その結果が、血圧や血糖値を高め、生活習慣病の原因になるといわれています。

 

 

つまり、年をとると基礎代謝が落ち脂肪が蓄積されやすくなるのに加えて、脂肪の分解・燃焼力も低下し脂肪を落としにくくなります。
つまり悪循環に陥るため、お腹の脂肪を落とすことが、どんどん難しくなっていきます。

 

 

内臓脂肪により血液中の糖を減らすために必要なホルモンの分泌が抑えられ、血糖値が高まり、高血圧・糖尿病を招きます。さらに、内臓脂肪が増えると

 

血管は固くなり、血液中の脂質(コレステロール)濃度が高まります。

 

増えた脂質が血管にたまり、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中といった命にかかわる病気の原因にもなります。

 

 

内臓脂肪が体につく理由の結論

梨型、リンゴ型

 

日本において、必要最低限のカロリーに抑える日常の食生活は意識しないとできません。

 

おいしいものを食べるには運動によってカロリーを消費するしかありません。

 

抑制する生活は楽しくないので、提案としては、年に1度だけ、生活習慣を見直し期間を作ってはどうでしょうか?
人によって、1カ月の方もいれば、4カ月必要な方もいるでしょう。

 

以上が、内臓脂肪がついてしまう理由と対策です。少しは参考になりましたでしょうか。

 

 

内臓脂肪の減らす方法はたくさんあります。
ダイエットサプリ最安値水準のシボヘールの利用も効果的です。

腰痛

 

詳しくは下記のサイトへ

 

シボヘール効果で内臓脂肪を減らしましょう